代表挨拶

香りに心身を救われた私。だから、香りで誰かの力になりたい。

こんにちは。minaroma(ミナロマ)の高正弥奈子です。
ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

仕事のストレスで摂食障害

その昔、私はコールセンターで電話受付の仕事をしていました。しかし仕事の激務によるストレスで摂食障害を起こし、体重が10キロ以上減少。

ホルモンバランスが大きく乱れたことで薬での治療が始まりましたが、その副作用がとても辛い状態でした。

気持ちの波が激しくなり、今度は過食に悩むようになりました。つまり、薬の副作用によって心と体をさらに壊してしまったのです。それを医師に告げても「それが副作用なんだから我慢しろ」の一点張り。

そんななか、「天然植物の香りには鎮静作用、ホルモンバランス調整作用などの『薬理作用』があり、心と体を整えてくれる」ということを知った私は、わらにもすがる思いで試してみました。

すると少しずつ元の体と心を取り戻すことができたのです。

香りの「薬理作用」に魅了された私は、そのままアロマセラピストの資格を取得し、自宅の一室をつかったアロマセラピーサロンを開設。心身の不定愁訴に悩む女性のためにトリートメントの提供を始めました。

家族の認知症

そんな時、また一つの大きな転機が訪れました。

私の父が若年性認知症を発症して徐々に日常生活が困難となり、介護施設に入所しました。

当時は天然の香りの中に認知症の進行を抑える働きがあることが解明されており、父にも緩和ケアの一つとしてアロマのケアをしたいと考えましたが、症状の進行が速く十分なケアをしてあげられないまま他界しました。

そんな心残りがあったある時のことです。

たまたま立ち寄ったホテルのロビーで、ふんわりと優しい香りが広がっているのを感じました。

入口からまるで全身がやさしく囲まれるような、決してきつくなく、ずっと香っていたくなる不思議な感覚に包まれました。

思わずスタッフの方に聞いてみると、「オリジナルの天然の香りを広げています」との答えに、
「私がやりたかったことはこれだ!」と全く新たな香りの可能性を感じて、アロマの空間演出を始めることを決意。

国内大手のアロマ空間演出会社で国内トップリゾートホテル、ブライダルサロン等での現場経験を経た後、より自分らしいサービスの提供を目指して事業を立ち上げました。

アロマに関わる職種が多々あるなかで「空間演出」をご提供する理由は、
アロマオイルに触れることがなくても、香りだけで心と体、そしてその空間を健康なものに変えられるから。

さらには老若男女問わず、より広く香りの持つ可能性をお届けできると確信したからです。

Aroma For QOL ~香りで人生の質の向上~

私は心身を香りで救われた。だから今度は、香りで誰かの力になりたい。

何よりもこの思いが私のビジネスの原点です。

そして、

人生の質の向上(Quality Of Life)

となるサービスのご提供をすることを、私自身の使命としています。

香りは本当に魔法のようなもの。振りかければ誰もが笑顔になります。
あなた様のビジネスと、大切なお客様に〝やさしい魔法〟をかけてみませんか?

 

高正 弥奈子(Minako Takamasa)

香り空間デザイナー

北海道札幌市出身
摂食障害の治療による副作用の苦しみが、植物の香りの自然治癒力によって回復した経験からアロマセラピストになる。8年間自宅サロンを開設した後、オフィス、クリニック、健康関係の事業向けにアロマ空間演出の他、香りの商品・サービスのプロデュースを提供。

アットアロマ(株)認定 アロマ空間デザイナー
(公社)日本アロマ環境協会認定 アロマセラピスト